記事一覧

髭剃りのコツ!注意すべき3点!

このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日髭剃りは朝から大変です。



しかし、女性はもっと大変な作業をしています。



朝顔を洗ったら、化粧水をつけ、水分を吸収するのを待って、下地を塗り、日焼け止め、ファンデーション、アイシャドウ、マスカラ、と順にすることがたくさんあります。



男性は本当に髭を剃るだけで良いのでしょうか。



中には眉毛の処理や潤い保湿も気をつけている方も見えるかもしれませんが、このようなケアをしている方は少ない方だと思います。



髭を剃るということは、お肌を僅かにでも傷つけながら剃っているので、ケアもきちんとすることをおすすめします。



剃る前に、やるべきことをして、効果的なタイミングとやり方をまずは考えて見ましょう。



1.朝起きて直ぐに剃らない


朝起きたら、直ぐに顔を洗って、剃ってしまう方はたくさん見えると思います。



ですが、毛がもっとも伸びるのは、朝6時から10時頃です。



そのため、まだ眠けがある間より、起床後20分後の方が伸び率が高くなるので、30分後に剃った方が効果的です。



なるべく早く起きて、出かける直前に剃るのが、1番良いやり方になります。



2.体調管理が髭の伸び率に影響も


身体が疲労困憊していたり、ストレスが溜まったり、運動不足が続いたりすると、髭はたくさん伸びてしまいます。



しかも、太く量も増えるのです。



反対に、よく日光を浴びて、たくさん運動をし、健康に日々生活をしていると、薄く、そこまで伸びなくなってきます。



今まで日常をどのように過ごしてきたかで、髭がどうだったか、思い出してみてください。



上記のようなことが当てはまるのではないでしようか。



3.カミソリ負けをしないようにケアも


お肌を傷つけながら髭を剃っているので、剃る前に、クリームなどを塗って、剃られている方が大半かと思います。



それは良いのですが、その後が問題です。



剃ったあと、肌は逆立ってしまっています。



化粧水をつけなければ、表面のたくさんのめくれた小さな傷から、お肌の水分が蒸発してしまい、ますますガサガサになってしまうのです。



そのガサガサのまま、毎日髭剃りをしてしまうと、ますますお肌が荒れて、カミソリ負けをしてしまいます。



しかもその荒れが、髭の伸び率を高くし、太くさせてしまいます。



お肌を傷から守ろうとする身体の自然の成り行きです。



女性のように、化粧水やら保湿クリームやら、そこまでしなくても良いと思いますが、せめて化粧水だけは欠かさないでほしいと思います。



お肌を整えることで、髭の太さも細くなり、伸び率も下がります。



男性といえど、女性と同じ人間ですから、お肌もデリケートに出来ています。



なので、やみくもに髭を剃るより、大切にお肌を扱ってあげることが大切です。



体調管理も自身のケアになり、それが髭の管理にもつながるわけです。



まとめ


日々忙しく働いている男性は、髭剃りが面倒に感じていると思いますが、根本から見つめ直す時間を作ることをおすすめします。



たかが髭剃りですが、健康のバロメーターになる、身体の変化のサインに気がつくことができる、実は大変貴重な髭剃りだったのです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAKASHI

Author:TAKASHI
「男の恋と美容の悩み」について、経験と調査した情報をもとにブログを書いてます。宜しくお願いします!
※また当ブログは、リンクフリーです。宜しくお願いします!

カテゴリ別記事一覧