記事一覧

パーソナルスペースでわかる心の距離と恋愛への繋げ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソナルスペース。


それは人によって多少の違いはありますが、おおむね、自分が両手を広げた範囲くらいのスペースのことを言います。


これが人との緊張を生み出す距離になります。


自分のパーソナルスペースに誰かが入ってくると、危害を加えることができる。


そこまでいかなくても、手を触れることができる。


自分に影響を与えることができる距離がこのパーソナルスペースとなります。

パーソナルスペースでわかる、自分と相手の心の距離


パーソナルスペースというもの先ほど説明したように、自分に影響を与えることができる距離というものに人が入ってくると、自然と自分の感情が変わります。


そこで緊張してしまう場合、まだその人とは親密ではないと脳が判断しているのかもしれません。


その人が恋人や、親友、仲のいい家族など、親密な関係であれば、パーソナルスペースへの侵入も緊張するわけではありません。



パーソナルスペースは自室に人を招くようなもの


自分の部屋、それには招きたい人、招きたくない人がいると思います。


それとパーソナルスペースは似ていると考えられます。


あの人は家に入れても大丈夫。


あの人は家に入れると何をされるかわからない。


あの人は家に招きたい。


私を知ってほしい、そういった感覚の対人版がパーソナルスペースです。


その感覚としてパーソナルスペースを考えてみると、あぁ、あの人はちょっと近くにいると何するかわからないなとか、あの人には近くに行ってみたくなる。


そういう感情に自分で気づくかと思います。



パーソナルスペースで相手の気持ちもわかる


人の家に入っていく。


普通に知らない人が入ってきたら、ダメですよね。


でも親しい人ならウェルカムです。


そこで相手の状況を見れば、パーソナルスペースに入ることによって相手の気持ちを察していくことができます。


相手の隣に座る、その行為で相手がどう反応してきたか、それを観察するのです。


例えば、電車に乗っている時、自分の気に入る容姿の人が隣に乗ってきたら、おっかわいいなとか、ヤッバ、マジイケメンとか、人間は男女問わず、感じてしまうものです。


そこで、隣の人が緊張していると感じたら、自分の感情に揺れているということがわかります。


その状態で相手の足を見てみましょう。


自分の方に向いていたら、少し興味のある緊張。


自分とは反対の方向を向いていたら、自分に嫌な思いのある緊張かもしれません。



恋愛感情を持っていると思わせたいなら


パーソナルスペースというものへの侵入に対して人間は緊張を持つものだということは説明してきました。


そこで、その緊張を利用した恋愛感情の気づかせかたについてお話ししましょう。


人間はパーソナルスペースに入ってきたとき、基本的には拒絶するものです。


それは危機管理の本能なので、しょうがないのです。


それでもパーソナルスペースにわざと入ってみてください。


あなたを至近距離に感じることでその人には緊張が生まれます。


その状態でウエルカム状態なら、もうなにも心配することはありませんが、スッと席を離れてしまったり、フイッと背を向けていってしまうようだと、自分には悪い印象を持っているか、そこまではいかなくても、親密だと感じていないとわかります。


そこでまず、引いてください。


まだあなたは親密ではないのです。


そこから、ちょこちょことその好きな異性のパーソナルスペースに侵入しては引くを繰り返してください。


そこで、相手の気持ちの中に、あれ、この人なにかくっついてくるなとか、いつも近くに寄ってくるなという印象がプラスされれば、好きなのかもという感情を持たせることはできるはずです。


そのうえでパーソナルスペースを確認です。


あなたの方向に足が向いてくるかもしれません。


はじめの拒否は人間として当たり前です。


そこから恋愛感情を持ってもらうには相手に意識させることそれが大事になってきます。



単純接触


単純にパーソナルスペースで会話を続けられるならば、恋愛感情に発展する可能性も出てくると思われます。


単純接触の法則という言葉が心理学にはあって、単純に会う回数が多いだけで人間は好意を持つということが言われています。


それをパーソナルスペースでも行うのです。


単純にパーソナルスペースへの侵入を繰り返す。


それで慣れてもらったり、意識をしてもらう。


そのためにはちょっとした会話を弾ませる努力がいったり、勇気もいります。


そのおかげで、あなたが気になるその人と仲良くなっているということは十分に考えられます。



まとめ「あなたが勇気をもってパーソナルスペースに踏み込む」


パーソナルスペースに踏み込まれるのは人間、基本的に嫌なことです。


なのでそこをあえて踏み込む。


あなたのその勇気を継続していくことが、パーソナルスペースを理解したうえで、恋のチャンスつなげていけるかの違いになります。


一度パーソナルスペースに入って拒絶されたとしても、そこからがあなたの魅力の出しどころです。


あなたもおそれずにパーソナルスペースに踏み込む作戦と勇気を持ちましょう!



追記「好意を持つ男性に対する女性の距離感(パーソナルスペースの距離感)とは?」について女性に聞いてみました。


タイトルの内容について、一般女性に質問してみました。(20~30代女性)
ご回答いただいた内容について、ご紹介したいと思います。


質問事項:
女性の立場から見た女性が好意を持っている男性に対し、物理的な距離感(パーソナルスペース)とはどのようなものか教えてください。※例えば、恋愛感情のある男性に対しは恥ずかしいので近づかない、逆に積極的にボディタッチする距離にいつもいるなど、様々な意見がありますが、あなたが思う具体的な理由も合わせて教えてください。


ボディタッチが必要以上に近い女性は、その男性に気があると考えられます。


女性は普通、金銭的な問題が絡んでいない限りは、生理的に無理だなと思う男性の近くには寄りたがりません。


つまり、この人ならハグをしたり、キスをしたりその先の関係に発展してもいいかな…と思える男性にしか物理的に近づくことはないと思います。


そして、大前提として人には誰しも男女関係なく、パーソナルスペースというものが存在していて、どんなに信頼している友人でさえも、これ以上近くに来られたらなんだか気持ち悪いなと感じる空間が人それぞれあります。


そのパーソナルスペースを超えて近づくことが可能になるのは愛し合った男性だけだと私はとらえます。


つまり、女性が自分のパーソナルスペース内に入るほど男性に近づくとき、その男性に少なからず好意を抱いているに違いないと思います。


パーソナルスペースを超えるというのは、頬を寄り添い合ったり、キスをしたりなどありますが、嫌いな男性には絶対にやりません。


ましてや別に嫌いじゃないけど普通…という男性にすらしません。


自分が本当に好意を抱いている男性以外には、パーソナルスペース内に入ってくることを許すことはありません。


なので、ボディタッチが必要以上に近い女性は、その男性に気があると考えられます。


距離の近さは好きという気持ちを表しています。


気になる男性がいたら近づきたいと思うのは当然ですよね。


同じ会社、学校なら偶然出会ったとき、まだ挨拶程度しか出来ないような仲でも不思議と近い距離で言葉をかけているのではないでしょうか。


そして2人の距離が近いと挨拶以外でも一言二言話しかけやすいと思いませんか。


私にはこんな経験があります。


ある会社に勤めていたとき同じ時間帯に出社している10歳年下の男性がいました。


私はその会社に転職したばかりでその男性のことはよく知りませんでした。


ただ毎日元気よく挨拶をしてくれるな程度の感情しかありませんでした。


しかし顔を覚え名前を知り働きぶりを見ていると、私はいつしか好意を持つようになってしまいました。


朝出会ったとき、会社の少し手前で私が挨拶をするために声をかけ、世間話をしながら肩を並べて歩くようになりました。


きっと彼も好意を持っていてくれたと思います。


少しずつ会社内での会話も増え、何気ないときに目線が合い、笑顔を返すようになりました。


廊下で出会ったときは、私が近いなと感じるくらい、真横に来てくれました。


身長が変わらない高さだったので余計に顔が近く、手で触れてみたい、そんな感情に何度も襲われました。


ただこの気持ちの高ぶりは、彼の異動で消え去ってしまうことになりました。


距離の近さは好きという気持ちを表しています。


いきなり近寄ってしまうと驚かれてしまうと思いますが、すこしずつ縮めていく。


その過程で色々な出来事があると思います。


好意を持つ男性に対しては、触れたいという気持ちがあるので、パーソナルスペースが狭くなり、むしろこちらから触りたくなります。


私は基本的にスキンシップが好きです。


好意を持つ男性に対しては、触れたいという気持ちがあるので、パーソナルスペースが狭くなり、むしろこちらから触りたくなります。


例えば筋肉の話題を出して、二の腕に触ったり腹筋に触ったりします。


かといって性的な意味にはとられたくないので、明るい雰囲気のボディタッチをします。


他にも、携帯で一緒に動画を見たり、一つのイヤホンで音楽を一緒に聞いたりします。


適度な距離感にドキドキして、さらに好きになってしまうかもしれません。


特にお酒がはいると人肌が恋しくなるのか、パーソナルスペースがせまくなり、顔を近づけてしゃべったり、体が触れたりしても違和感がなくなります。


もちろん好意を抱いている男性の反応次第です。


相手がこちらに全く好意を持っていなさそうでしたら、嫌われるのがこわいので、いくら近づきたくても、適度な距離を保ちます。


相手が不快に思わない程度のボディタッチなどで、相手の反応をみると思います。


しかし、いくら好意を持つ男性であっても性的な触られ方をしたり、度をこした下ネタの話題を出してきたら、引いてしまいます。


パーソナルスペースは一気に広くなり、あまり近づかないで欲しいと思うかもしれません。


好意を寄せている相手に対して、その恋愛感情が強いほど積極的にぐいぐい近づけない女性は多いと思います。


というのも女性は恋愛に積極的な姿勢を打ち出すことが恥ずかしいと感じる傾向にあるからで、なかなか好きイコール物理的に距離を縮めたいとは考えないのではないでしょうか。


それよりもむしろ精神的な距離感を意識する場合の方が多く見られます。


もちろんその女性の恋愛経験や性格によっては物理的距離を縮めたいケースもあるでしょう。


いわゆる肉食系女子です。


けれどそうではない一般的な女性を想定するのであれば、軽い女性だと思われたくない、本命として見てほしいという気持ちが大きいので、短期間の遊び相手として見られることを恐れます。


せっかく付き合えたとしても遊び相手としてでは納得できない女性は、男性が想定するよりもとても慎重に行動します。


なので無闇に距離を近づけてくる女性は、どちらかというと遊び慣れているのではないでしょうか。


または本気の恋愛だとしても、恋愛経験が多く肉食系女子という場合になります。


ただ場合によっては大人しい女性が恋愛経験豊富なふりをしている場合もあり、相手に合わせてキャラを巧みに使い分けているケースもあるのです。


あくまで私の場合はですが、そういうのは好意があればあるほど近づくことができなくなります。


あまり恋愛に積極的ではないので今まで好きになった人たちとその時の状況を思い返してみましたが、私はどんな時でも物理的な距離は近くしないタイプだと思います。


よく話をしながらさりげなくボディタッチとかして異性をドキドキさせてしまう女の子がいますがそういうのはできない人間です。


あくまで私の場合はですが、そういうのは好意があればあるほどできなくなります。


隣に座ったりなんてとんでもないです。


もし気になる人を含め数人で食事に行ったりした時には、その人のことは斜め向かいくらいからそっと眺めるのが好きです。


元々恥ずかしがり屋なのもあると思いますが、距離を縮めてさりげなく触れたりなどすることにあまり必要性を感じていないのかもしれません。


私は面白い人が好きなので物理的な距離よりも楽しく会話できるかの方に気を取られているのだと思います。


でも『あー、この人面白いな、話してて楽しいな』など呑気に思ってるとやり手の女の子がその人の隣をキープしてあっという間にその人の心をかっさらっていってしまったりします。


私との方が面白い話してたのになー。


と腑に落ちない瞬間は何度か味わいました。


私が見た限りでは、物理的な距離を近くする女性はあくまでそういうタイプなだけであって、本当にその人に好意があるかどうかはわからない人が多かったです。


でも結果として私のようなタイプよりは異性にモテるみたいですが・・・もし女性が距離を縮めてきても、冷静になってしばらく様子を見たほうがいいと思います。


私が、女性目線からいって「女性が男性に好意を持っている」という状況とは、いくつかパターンがあり、それぞれ心境も行動も違っているということです。


女性が男性に好意を持つ場合、ひとつは恋の相手としていいなぁと思っている場合です。


見た目もまぁまぁ好きだし、何より居心地が良くて一緒にいたいなぁとか思っている状態です。


この場合は、結構ボディタッチを自らしたり、例え男性にされたとしても嫌な表情や雰囲気を出したりはしません。


二つ目は、憧れの対象としていいなぁと思っている場合です。


例えば超イケメンの男性に対してや、仕事ができて頼りがいもあり信頼できる上司などに対して抱く感情です。


もちろん、付き合ってみたいとかも考えますが、これは単なる「憧れ」で言い方が大袈裟にはなりますが「崇拝」のようなところもあるので、自分からは一定の距離を置きます。


「恋」とは少し違って、付き合うことについて具体的に考えたり行動することはなく、恥ずかしいので自分からはあまり近づかないようにしたり、仮にその憧れの男性が距離を縮めて近寄ってきた際には、緊張して無口になったりします。


ですから、その男性から見ると「俺って嫌われてるのかな?」と勘違いしてしまうと思います。


そして、加えていうと親友や家族のように感じて好意を持っている場合があります。


このケースは、男性から見るとかなりボディタッチが多いなとか、笑顔が耐えないなとか思って、勘違いしてしまう男性がとても多いので注意して頂きたいです。


まずは、しばらく様子を見て下さい。


ただし、あまり意識はせずいつも通りに振舞って下さい。


その内に、もしかしたらその女性の態度が何か変化したり、女性の周りから何か情報を得る機会が訪れるかもしれません。


あまりにも長い期間やきもきしてしまう場合には、さりげなく自分の恋愛観を話してみて反応を見るとか、相手の恋愛の話を聞かせてもらうとか会話によってヒントや答えをたぐり寄せてみて下さい。


そして、もし男性として「この女性には好意を持たれたくない」と思う場合は、なるべく連絡を取らないようにしたりして、少しずつ距離を置いていくべきかなと思います。


私が思う女性が好意を持つ男性に対する物理的な距離感は、気持ちに比例すると考えます。


好きな気持ちが強ければ強いほど相手に触れることができるほど近くにいたいものです。


逆になんとも思っていない相手とは物理的な距離感は広くなります。


まず自分から近くに行こうとは思いません。


仮にその相手が自分との距離を詰めようと近づいてきた場合には無意識にでも離れて距離をとってしまうものです。


従って、男性からみて自分の近くにいる女性が自分に好意があるかどうかをさぐるには自分から物理的距離をひろげたり縮めたりしてみるといいと思います。


しかし急な行動は相手にも反射的な行動をとらせてしまうのでおすすめできません。


この場合は素早く動かないことが重要です。もし相手との距離を縮めても相手が再度距離をとるようなことがなければ、その女性は男性に対してプラスの感情を抱いていると思って間違いないでしょう。


女性が男性に対して軽いボディタッチをする場合にはそのプラスの感情はより強いものとなります。


なぜなら好きと言う感情が溢れて、相手に触りたいという欲求になるからです。


女性は言葉では取りつくろったり強がったりするものですが行動は正直なので、言葉よりも物理的な距離感を目安にすることができると思います。


好意を抱いた男性へのパーソナルスペースは、近すぎず、遠すぎず、触れるか触れないかの“ギリギリ”をいくラインがベストのように感じます。


ある程度関係が築けている男性については、肌と肌が直接触れる距離感が双方にとって嬉しいように感じますが、あくまでも“好意を持つ男性”という視点で考えると、相手の男性にドキッと感じさせる距離であることが重要です。


遠すぎると自分に興味がないのでは、警戒していると思われ、物理的な距離だけでなく、気持ち的な距離、心情までが離れていってしまうものです。


逆に近すぎると、あまりに積極的すぎる、自分以外にもこうやってボディタッチをしているのではないかという誤解を招くことにもなりかねません。


恋愛では、付き合う前の駆け引きをしている期間が1番楽しいということをよく耳にしますが、これに近い感覚かもしれません。


触れずともして相手の男性に意識をしてもらう、これに勝るものはないのです。


男性は追いかけられすぎると自然と興味が薄れていく生き物です。


絶妙なバランスを保ちつつその男性へアプローチすることができる女性は男性の気持ちをよく理解しているなと感じます。


まずは相手に自分を意識してもらう。


そこからがスタートです。


女性が好意を持つ男性に対する距離は、やっぱり多くの女性が思っているように恥ずかしので離れてしまうのではないでしょうか。


それは、近づきたいと思っても、ドキドキしてしまうので3mぐらいから近づくことができないということです。


もしも男性が近づいてきたら、その時はドキドキが止まらずに話すこともできないかもしれません。


しかしそのように好きと思っている男性でも、お酒が入るとそんな気持ちが高まる上に大胆になるので近づくこともあります。


触ることももちろんあると感じます。


男性から声をかけてくれると、たちまちついて行く事でしょう。


しかし近づいてなんでも話せる、タッチできるという男性には好きとまではいかなくても好意を寄せていることは確かです。


嫌と思う人に対しては近づくこともないし、タッチすることは絶対にありません。


嫌なので、関わりたくないのです。


近づいてきてタッチするということは、嫌いではない、好きでもない段階ですね。


恋人として、その人がなる可能性は低いかもしれません。


それは、近づきやすい存在であり、身近にいるといるようなドキドキ感は無しの存在だからです。


しかしそんな人でも、ふとしたときにドキッとするとそこから恋が始まることがあります。


急にタッチしなくなると、その可能性もあります。


私が思う好意を持つ男性に対しての心地よい距離感は、目線を送ったときに気付いて貰いやすい距離です。


ボディタッチが出来るほど近いのは、恋愛関係に発展する前だと恥ずかしすぎて顔が赤くなってしまったり汗が出たりで、とても無理です。


お酒を飲んで気が大きくなったり積極的になったりしたら隣に座って話掛けられるかもしれませんが。


好意を持ってる相手と目が合うだけで幸せなので、チラッと見て目が合えばニコッと笑ってをいつも繰り返します。


好意を持たない相手にはそもそも遠くから目が合ってもスルーしてる(自然に)ので、それだけでもなんとなく相手に好意は伝わると思っています。


なんとなく相手も私に好意を持ってるのが分かった時は少しずつ距離を近くしてみます。


すれ違い際に声を掛けたり、用事を作ったりしてなるべく話せるチャンスを増やします。


ですが、電話やメールなどはあまりこちらからはしません。


メールも相手からくれば返信しますが、あまりガツガツしてるように思われるのも恥ずかしいので、その辺りは草食気味かもしれません。


返信は必ずしてるので、いつまでもやり取りが終わらない時もありますが、最後は私からのもので終わるようにしてます。



以上、「好意を持つ男性に対する女性の距離感(パーソナルスペースの距離感)とは?」について女性からのご意見・アドバイスのご紹介でした。


是非ご参考にして頂けたら幸いです!



<関連ページも是非ご参照下さい!> 
※クリックすると新しいウィンドウが開きます。

付き合うまでの期間はどれくらいが理想的?

付き合う前にキスする女性の心理を知りたい!

女性の恋愛の悩みと、相談された時にアドバイスすべきポイント!

女性の恋愛観とは?男性との違いを知って良い関係を作る!

嫉妬深い彼女と上手く付き合うには?愛情を示そう!

女性の好意を会話の内容で見抜く方法!

女性へ電話で告白する場合に成功するためのポイント!

女の子とのライン(LINE)で盛り上がる話題とは?

女性とライン(LINE)を毎日継続するためのポイントとは!?

好きな人が出来ない男性は自分に原因があるのか?

恋敵に勝つためのテクニックとやってはいけないこと!

女性とデートで食事をする際に気をつけるべきこと!

女性を傷つける言葉と気をつけるためのポイント!

お腹を引き締める短期かつ効果的なダイエットとは?

女性から相談されるのは脈ありなのか?

恋愛運を上げるには何をすればよいか?(男性)

恋愛に対する不安の原因と解消方法!

女性に嫌われてしまう男性のタイプと行動とは?

髪が薄くなってきた際の効果的な対処方法

女性が一人暮らし男性の家に来るのは脈ありなのか?

思わせぶりな女性の見抜き方7つ

逆身長差カップルのメリット・デメリットとは?

意中の女性が胸キュンする言葉(セリフ)!

彼女と同棲する前に考えたいメリット・デメリット!

成功するナンパのやり方&テクニック

女性から見た包容力のある男性の特徴と条件!

言い方が大切!女性に断られないデートの誘い方とは?

女性から見た友達以上恋人未満のボーダーと対策と方法

女性の脈ありチェックとは?

女性にモテる会話術、話題のテクニックとは?

女性からの好感度を上げる方法!

男の恋愛駆け引きテクニックとは?

女性の気がある仕草(サイン)とは?

恋愛の押しが強すぎて失敗する理由!

その女性はこう落とせ!見た目でわかる落とし方

メール、LINEで脈あり女性の見分け方

信用できる男になるには?

付き合う前の女性にプレゼントをするならこれ!

女性が付き合う男性の決め手とは?

好き避け?嫌い避け?女性が避ける心理と対処方法

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAKASHI

Author:TAKASHI
「男の恋と美容の悩み」について、経験と調査した情報をもとにブログを書いてます。宜しくお願いします!
※また当ブログは、リンクフリーです。宜しくお願いします!

カテゴリ別記事一覧