記事一覧

好き避け?嫌い避け?女性が避ける心理と対処方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる女性へアプローチしたいけど、避けられている気がすると感じている男性も多いはずです。


もし本当に避けられているのであれば、避ける理由としては、「好き避け」と「嫌い避け」いずれかの可能性が高いです。


好き避けとは、相手のことが好きなのにもかかわらず、ついつい避けてしまうというケースや、好きだと言うことがバレてしまうと恥ずかしいので、そっけない態度をわざと取ってしまうことを指します。


このような好き避けをしてしまう女性は結構多くいて、男性は、自分は避けられているのではないか…と思って傷ついていても、実は真逆で異性として意識されている証拠であることも多いのです。


次に、相手からの好意に気がついてはいるけれど、自分に恋愛感情がないという場合に起こす行動を「嫌い避け」といいます。


好きな女性にこのように嫌い避けされてしまうと、やはり非常にショックですし、傷つきますよね。。。


しかも男性にとっては、特に女性の心は複雑なので、どちらなのかとても分かりにくく、これらを見極めるのは難しいですよね。


※関連ページ①:女性の本音と建前を見抜く方法!


※関連ページ②:女性が男性を異性として意識しているか分かるポイント


見極めを間違えることで、「好き避けだ!」と思って積極的にアプローチしていた女性が、「実は好き避けではなかった…」という結果で涙を呑むことや、実は嫌われて避けられていただけだった…と悲惨な状況なってしまう事態は是非とも避けたいですところです。


そこで今回は、女性が好き避けor嫌い避けのどちらをしているのか、それぞれの特徴、チェックすべきポイントと対応について書きたいと思います。


女性の好き避け、嫌い避けの違いを上手に見分けるコツを知っておくと、その後のアプローチを有利かつ積極的にすることが期待できますよ!


■目次


1.「好き避け」している女性の心理・行動・態度

2.「好き避け」している女性に対処・アプローチすべきポイント

番外編「好き避けしているなと思うときの行動は?」、実際に女性に聞いてみました!

3.「嫌い避け」している女性の心理・行動・態度

4.「嫌い避け」している女性に対処・アプローチすべきポイント

番外編「嫌い避けしているなと思うときの行動は?」、実際に女性に聞いてみました!

5.男性、女性の「好き避け」の心理・行動・態度の違いについて

6.男性、女性の「嫌い避け」の心理・行動・態度の違いについて

まとめ

1.「好き避け」している女性の心理・行動・態度


では、好き避けの場合の女性の心理・行動・態度はどうでしょうか。概ね女性の行動に一貫性がないことが多いです。


1.1 冷たい態度をとった後にフォローがある


好き避けの場合には冷たい態度をとったその後、なんらかのフォローがあるはずです。


たとえば、「あの時は忙しくてごめん」だったり、「ちょっとあの時は、あんなこと言ってごめん」ということをフォローしたりします。


好き避けの場合、基本的に避けていたとしても、相手に愛想を尽かされてしまったり、嫌われてしまうことを避けたいと思うので、結果的に後からフォローをすることが多いのです。


1.2 目が合った瞬間の視線を反射的に逸らす


好き避けの場合には、条件反射のように、ぱっと目をそらしてしまったり、その後も動揺をしているということがあります。


このため、目を確実にそらしたり、動揺している様子があれば、好きな可能性が高いです。


1.3 飲み会での席ではさりげなく近くに座る


女性の好き避けの場合は、好きで避けていることもありますので、チャンスがあれば、飲み会などの席は隣に座ることが多いです。


普段避けていても、一緒になれるチャンスがあれば、一緒になろうとしたり、近づいてこようとしたりする傾向があります。


あなたと会話をしなくても隣の席に座って、存在をアピールしようとします。


1.4 さりげなく会話を聞いていたり、グループの輪に入っている


好き避けの場合、相手のことを意識してしますので、知り合い同然のような雰囲気がありますし、男性の会話に聞き耳を立てていたり、グループにさりげなく入ってきたりします。


また、男性を好き避けする女性は男性慣れしていない恥ずかしがり屋な女性が多いため、女子同士でかたまっていることが多いです。


仮にあなたがそのグループの会話に参加したとしても他の女子はあなたとの話に盛り上がっていても好き避けする女性は質問したりすることなく目が合わない程度にあなたをジッと見つめているはずです。


1.5 他の男性とは、だれとでも好意的に話をしている


女性が好き避けをしている場合には、気になる男性と話している時はそっけなかったり、態度が冷たかったりします。


こういった場合、まずは女性が他の男性とどういった会話をしていて、どんな対応をしているのかチェックしてみましょう。


その女性が、自分と同様に誰にでもそういった冷たい態度、そしてそっけない対応をしている場合は、自分も他の男性と同様になんとも思われていないかもしれません。


しかし、自分には冷たいが、他の男性とは、誰にでも好意的に対応をしていたり、笑顔で会話をしている場合には、自分のことを意識しているということなので、好き避けである可能性が非常に高くなります。


こういった女性は天邪鬼(あまのじゃく)なため、本来好きな人には冷たい態度を取ってしまったり、逆の態度を取りがちです。


特に具体的な例として、男性を好き避けしてしまう女性の特徴としてまず挙げられるのが、職場や学校での挨拶がそっけないことです。


「おはようございます」と女性が言ったときの表情を見てみてください。


非常に表情が硬いと思います。


他の同僚やクラスメイトと比較すれば一目瞭然ですが、他の人には笑顔で挨拶しているのに、あなたにだけそっけない挨拶をしている女性がいたら好き避けしている可能性が高いです。


ここで好き避けと嫌われてるかのどちらかを見極める方法は目線です。


笑顔ではないけれど一度あなたの目を見て挨拶している、しかし表情が硬い場合はあなたを好き避けしているかもしれません。


全く目を合わせず挨拶だけしてくるのは残念ですがあなたを嫌っている可能性があります。


そのため気になった場合には、まずは他の男性にどういった態度をとっているのかチェックしてみるようにしましょう。


1.6 ある日突然、態度が変化した場合


何もしていないのにもかかわらず、いきなりあるタイミングから、避けられるようになったという場合や、お互い意識し始めてから、避けられるようになったという、いきなりの変化があった場合には、好き避けである可能性が多いです。


たとえば、喧嘩をしてしまったり、人間関係のトラブルがあった、何か嫌われるようなことをした場合には、避けられてしまうこともありえますが、何もないのにもかかわらず、避けているというのは自分を意識しているという証拠であり、好き避けの可能性が高くなります。


このように、いきなりあるタイミングから、急に避けられたり、冷たくなった場合には、好き避けの可能性が高いので、思い当たることがないか、思い返してみるようにしましょう。


1.7 自分の気を引く態度を取ってくる


好き避けの場合には、基本的に、相手の男性を意識していて、好きだから避けているので、相手との関わりを絶ちたくなかったり、相手を意識しているので、それが表に出てしまうことがあります。


たとえば、意識している男性の目の前で、別の男性と話したり、また男性の目の前に、現れるようにしたりと、男性の視界に入るような行動を取ることが多いです。


避けつつも、そうやって自分を意識して貰いたいという態度が見える場合には、好き避けである可能性が高いといえるでしょう。


また、会話をしても続かず、目をすぐにそらすなど表情からはわかりにくいですが、日によって急に態度が優しくなったり、突然話しかけてくるなど、コロコロ行動が変わるのも特徴です。


何度か職場で目があったり、声をかければ笑顔で挨拶するのに、避けられていると思っていたら、別の日では急に優しい雰囲気や態度で接してくるというケースがあれば、それは好き避けだと思っても良いでしょう。


行動に一貫性がないため、男性にとっては「なんで?」と分かりずらい部分かもしれません。


例えば、会話をしても、なかなか話が続かず、そっけない態度に感じた場合、「ちょっとこっちの話、聞いてる?」など積極的に話しかけてみると意外と会話を嫌がらずに、話にのってくるケースもあるため、ラフな感じで聞いてみるのも一つのポイントになります。


1.8 2人っきりになった時に急に黙る、恥ずかしそうにしている


大人数でいる場合と、2人っきりでいる場合の態度は違います。


男性に好き避けする女性は周囲のこともすごく気にしますので、同僚が沢山いる場所や女性を冷やかすようなクラスメイトの前では絶対にあなたとは話しません。


女性があなたと話すことで周囲にあなたが好きだという気持ちを知られたくないからです。


そのため、2人っきりになった時に相手が恥ずかしそうにしていたり、なかなか話しかけようとしても急に黙っているなど、大人数でいる時とは違う雰囲気でしたら、これは好き避けだと感じても良いでしょう!


1.9 あなたにだけ差し入れやちょっとした手紙をくれる


男性を好き避けする女性は基本的に恥ずがしがり屋なのでこれもまた二人きりの時に限りますが、あなたが遅くまで残業していたり、部活を頑張っているときに、すっと現れて飲みものやちょっとしたお菓子をくれる場合があります。


励ましの手紙をくれる場合もあるので、そういったものをもらったら彼女はあなたのことが少し気になっているかもしれません。


1.10 会ってる時は口数が少ないが、メールやLINEだと長文でテンションが高い


これも好き避け女子に多く見られる特徴だと思います。


連絡をやりとりできる場合の話ですが。


この手の女性は人前でぶりっこをすることが苦手な人が多いので、あなたと二人で連絡を取り合っているときに本性がでます。


メールやLINEの文章が長いのはあなたと連絡のやりとりができて嬉しいあまりの感情表現です。


普段あまり話せない、顔を見て話しているわけではないので恥ずかしくないゆえにこのような行動をとります。


1.11 彼女のほうから連絡先を聞いてくる


普段あなたにそっけない態度をとってくる好き避け女子が、もしあなたに連絡先を聞いてきたら、ほぼあなたのことを好きであると確証してよいでしょう。


それも二人きりのときに彼女の連絡先の書かれたメモなどを渡されたら間違いなしです。


とっても恥ずかしがり屋な好き避け女子が、あなたに勇気を振り絞って行動に出ているので、そこは大きな心でしっかりうけとめてあげてください。


それから、もし連絡先を渡されたら間髪いれず、その日の家に帰ったあと直ぐに、彼女に連絡してあげてください。


彼女はあなたにメモを渡したことで連絡をそわそわしながら待っています。


顔にはだしませんが心の中で、「連絡ください!」と叫んでます。


なので、あなたも彼女のことが好きなら早く連絡してあげてください。


これは男性からしてみても同じ心境だと思います。


男性は連絡をマメにしない人が多いので、せっかく両思いになれるチャンスがあるのにそれを摘み取ってしまうのはもったいないことです。


女性の気持ちをむげにしないであげてください。連絡するときも絵文字か顔文字をひとつ入れるとグッドです。


目次にもどる

2.「好き避け」している女性に対処・アプローチすべきポイント


まず好き避けをしているという女性は自分の気持ちに気がついていることが多いのですが、相手を非常に意識しすぎてしまい、つい避けてしまっているということが多いです。


男性から、対応が難しいと思われがちのこの好き避けの行動への対策ですが、様々な手段を取ることによって、実は関係がスムーズに上手くいくこともあります。


そこで、好き避けをしている女性にはどのように対応をすればよいか、そのポイントについて、詳しく見ていきましょう。


2.1 じっくりと時間をかけて、相手の心を開かせる


好き避けをしているという女性は、心を閉ざしている状態ですし、恥ずかしがっているので、その思いを隠したいと思っています。


こういった女性に、ぐいぐいといっても、むしろ逆効果であり、さらに逃げられたり、避けられてしまうことがあります。


そこで好き避けをしている女性への対応ですが、まずは相手の心を開かせるため、じっくりと時間をかけて攻略していくのがポイントであるといえます。


その一つが挨拶です。挨拶はだれにでも行うものですし、さらに挨拶は不自然ではありません。


どんな人にでも挨拶はしますし、不自然にならない程度に挨拶で声かけをして時間をかけて、会話をしていきましょう。


挨拶になれてきたら、徐々に短い会話をしていくことが必要です。


天気の話やテレビ番組の話など、色んな会話を少しずつしていくことで、相手の態度なども自然にほぐれていくことに繋がります。


※関連ページ:女性にモテる会話術、話題のテクニックとは?


2.2 直接的でないアプローチなどを行う


好き避けをしている女性へのアプローチ方法ですが、直接的に会話をしようとすると避けられてしまったり、素っ気ない対応や素っ気ない返事をされてしまうということも多いといえます。


その場合、有効な手段として直接的でないアプローチや対応がおすすめの方法です。


たとえば、ラインやメールといった方法の場合、直接的な会話ではありませんし、返信についてもじっくりと考えてから返信が出来ますので、関係が上手くいくことも多いです。


好き避けをしている女性は、相手とどんな会話をしていいのか分からないということが多いですが、ラインやメールの場合、色んな会話をしやすくなります。


慣れてくれば、メールで関係を深めていくことも出来ますので、メールという手段で対応をしてみることもおすすめです。


2.3 共通の知人を通して、仲を取り持って貰う


好き避けをしている女性は一対一だといつまでも避けられてしまったりして、ずっとそのままのこともあります。


しかし、嫌い避けの時と同じく、二人に共通の友人や知人がある場合には、仲を取り持って貰ったり、さりげなくグループで出かけたりなどの提案をして貰うことが出来たりします。


好き避けをしている女性も、グループでの行動ならば、乗り気になることが多いですし、共通の知人を通してならば普通に話すことが出来る可能性も高いです。


共通の友達、知人がいる場合には、相談をしてみて、対処法を考えて貰うのも良い方法であるといえるでしょう。


さらに仲間同士の集まりであれば、向こうも集まりやすいですし、そういった輪を通してなら会話が自然に出来ることがあります。


たとえば、ラインなどでもグループチャットを作ってみたりと、工夫をしてみて、みんなで話す機会を設けてみるというのも一つの方法です。


2.4 自分が好きかどうかを考える


好き避けをしている女性をうざいと感じる男性もいらっしゃるでしょう。


そのときはむりに相手に合わせずに、自分の気持ちをまずは考えて見ることも必要です。


自分がその女性を本当に好きなのかを見直してみることも一つの方法です。


目次にもどる

番外編「好き避けしているなと思うときの行動は?」、実際に女性に聞いてみました!


女性が好き避けをしているときってどんな行動をするのか、実際に女性にアンケートを実施した結果を紹介したいと思います。


もしかすると、あなたの気になる女性があなたにとる行動に何かヒントがあるかもしれません。


一定の距離を保ちながらも相手を気にしてます。


話しかけられた時に必要最低限の返答だけして、その場を離れることがあります。


緊張して胸がドキドキしてしまったり、顔が赤くなっていることを気づかれたくないからです。


他にも大人数の飲み会などで向かい合わせに座った時、体が反射的に全く別の方向に向いてしまったり、席を移動することもありました。


気になる人や好きな人が食事をする場で、真向かいに座られるのは苦手で逃げ出したくなります。


話しかけられると嬉しいのに顔が無表情だったり、興味のないようなふりをしていることもよくあります。クールに振る舞いがちです。


後で、どうしてもっと普通の接し方ができないんだろうと心の中で後悔しています。


恰好悪い所や恥ずかしい所は見せたくない思いがが強く出すぎて笑ったり、他愛のない会話をすることができません。


近くにいると動悸がしたりすることもあり、平常心を保てなくなることが怖いので、常に距離を取って離れているところから気づかれないように眺めていたりします。


周りを気にしながら相手を目で追ってます。


自分を含め、みんなで話しているときは好きな男性と話すこともなく、ただ男性を目で追っています。


それは周囲に女性がその男性を好きだと気付かれるのが恥ずかしいからです。


なので好き避けしている時は、好きな男性が会話にはいってきても反応があまりよくなかったり、恥ずかしさのあまりその場を去ってしまいます。


でも好き避けをしてしまっていても大胆になるときがあります。


それは意中の男性と二人きりになったときです。


だれもまわりに冷やかすひとがいないとわかると急に、ニコニコして男性に話しかけたり、楽しそうに話します。


もっと大胆な人は軽いボディタッチをする人もいます。


一般的に好き避けをしてしまう女性は根底に恥ずかしがりやな性格が少しあるのかもしれません。


ですから、男性からすれば好きな女性がそっけないなと思ったら会社や学校の中で二人きりで話す機会を作ればすぐあなたを好きかどうかわかると思います。


女性が好き避けする場合、あえて好きじゃないオーラを出します。


好きな男性が女性にモテるタイプの人の場合、男女複数人で飲みに行こうと誘われたときにその男性が他の女性たちと楽しげにしていたりする姿を見たくないという心理が働き、用事もないのに断ってしまうことがあります。


一見プライドが高いようにも思えますが、恋愛に対してとてもナイーブな女性は自分が傷つくようなシチュエーションは避けたいと思う傾向にあります。


また、相手がまだ自分のことを意識していない段階で、自分が好意を持っていることを気付かれたくないということもあります。


それはある意味で弱みを握られることになるからです。


女性は好きな男性に対して追うより追われたいものなので、初めから手の内を見せたくないのです。


例えばエレベーターのなかで二人きりになっても相手と距離を置き、会話も挨拶程度になってしまったり、さりげなく目線で追っている時に偶然目が合ってしまったときにすぐに逸らしてしまったり、みんなで雑談をしているときに男性が近寄ってきて隣に座ったりすると、いつの間にか離れた席に移動したりフェイドアウトしたりなど、敢えて好きじゃないオーラを出してしまいます。


そんな状態でも相手から好意を持ってもらえた時に、はじめて歩み寄れる勇気が出るのだと思います。


上手く接することができないので距離をとってしまいます。


自分の想いが強くなると相手に対して好き過ぎて、他の人と話すみたいに上手く接せられなくなってしまい、嫌われてしまうんじゃないかと距離をあえてあけて避けてしまう時があります。


変な風に接することにより、相手から気持ち悪がられたらどうしよう、失礼なことを言ってしまったらどうしようと思う反動から避けてしまいます。


好きだと意識しすぎてしまい、この気持ちがバレてしまわないようにと可愛くない態度をとってしまったり、あなたなんかに興味ないという反応をしてしまうので、そんな態度をとるよりは冷静になって、他の人と同様に接することが出来るようになるまで避けます。


この避けている期間に自分の気持ちを落ち着かせて何度も上手くコミュニケーションがとれるように脳内シュミレーションをしています。


具体的に目をそらしたり、敢えて会話をその人にふらなかったり、近付こうとしません。飲み会とかの席でも同じ席につかずに少し離れた席に座ってしまったりします。


相手に興味があってもっと話たくても、質問したり話の内容を広げることができません。


私は好きな人が近くにきて一緒に話をしている時に、私はあなたに興味はありません!と言うようなオーラを出してしまうことがあります。


彼が話をしていても興味がすごくあり、もっと彼のことを知りたいなと思っても質問などは出来ずに話の内容もあまり広げることが出来ません。その時に好き避けをしているなと思います。


以前からそういったことをしてしまい、今の旦那の時も初めは興味のないような対応をしてしまっていて旦那から「初めは嫌われているのかと思った」と言わてしまっていたので、相手からしたら好きだということは完全に隠せているのだなと思いました。


また、一度そういった風なオーラや態度になってしまうとそこから態度を変えることがなかなか出来なくて自分でとても後悔をします。


初めから興味があるような態度をとっていたらもっと女の子らしくて可愛いと思ってもらえるのになと思って悩んでしまったこともありました。それくらい、好き避けの態度はすごかったです。


「好き避け=恥ずかしいから避ける」から避けるんだと思います。


好き避けしてしまう行動は、恥ずかしいという、そんな思いをもってすることが多いです。


まずその好きな人がそばにくると、その人のそばにいたいと思う反面、離れてしまうことがあります。


そしてその後に、その人がどんなことをしているのか気になるので、ちょっと離れたところにいるのです。完全に離れて見えなくなる位置に行くことはありません。


またその人に話かけられたりするときも、恥ずかしいという思いから答えることができないのです。


答えることにより、その後に話が弾んでしまったらどうしようと思うからなんですね。


話を続かせることができないので、そんな自信がないので困ってしまいます。


また、好きという気持ちを悟られたくないので、その場所から離れてしまうことがあります。


好きという気持ちを悟られると、その人に完全に嫌われてしまうのではないかと思ってしまうのです。


今の状態だと、自分の好きな時に見ることができるし一番心地よい状態という思いから、そんな行動になります。


好きな相手にだけ冷たいような態度をとってしまいます。


私はいつも好きな相手にだけ冷たいような態度をとってしまいます。


「ツンデレ」という分類に入るような、下げてから上げるような行動であればかわいげもあると思いますが、私はそのようなフォローもできず、結局「俺のこと嫌いなの?」とまで言われてしまったこともあります。


お付き合いをして恋人になってもそれは変わりません。


意中の相手から連絡がきたのは知っているのに、既読はつけずに無駄に時間を空けてから返事をしたり、飲み会で相手がこちらのことを気に掛けるような態度をとってくれているのに、別の人とばかり話し続けたりしてしまいます。


他には、せっかくの彼氏とのデートなのに、手をつなげないようにわざと彼氏側に荷物を持ったり…。


別に相手を焦らしてやろうだとか、手の上で転がしてやろうだとか思っているわけではありません。


自分の好きな相手に気持ちがバレてしまったらどうしようと思ったり、単純に恥ずかしかったりするだけなのです。


「素直じゃない」という表現がぴったりくるように思えますが、どちらかというと「素直すぎるから自分の本心がすぐ伝わってしまうことを警戒している」と言う方が近いかもしれません。


彼がこちらを見そうになるとわかった瞬間、目が合う前に視線をそらします。でも横目でチェックしてます。


好きな人ってついつい目で追っちゃいますよね。何も考えてないとき、気付いたらガン見していて、その視線に相手も気付き目が合っちゃった…なんて経験をしたことある方も多いのではないでしょうか。


私も好きな人を目で追って、彼がそれに気付き私と目が合う直前で目をそらします。


私はちゃっかり、視界の隅に彼を捉えどのような反応をしているのか伺います。


彼が私のことみてたら、私の方は「あなたの視線に気付いてませんよ」と雰囲気を出しつつ違うことをしますね。


目が合うと凄く恥ずかしくないですか?それまで自分が彼のことずっと見てたってバレてしまいますし…。


目が合うと嬉し恥ずかしいし、幸せな気持ちになるのですが、やはり徐々に恥ずかしい気持ちが勝ってきちゃいます。


私は好きな人をちらちらと見続け、彼がこちらを見そうになるとわかった瞬間、目が合う前に視線をそらします。


そして、ついつい相手の様子をつい伺っちゃいますね。それも横目で。


憎まれ口を言ったり、笑顔が強張ったり、ラインやメールの返信を送られたり。。。


気になる男性に話しかけられた時、あまり目を見て話すことができないです。


長く会話を続けたいけれど、私がそっけない態度で話すので、すぐに会話が終わってしまいます。


また、普通に会話をしたいのですが、憎まれ口を叩いた言い方になってしまうことが多々あり、笑顔で話したいのですが顔が強張ってしまいます。


すれ違ったときなど、相手はこちらを見て挨拶してくれたり話しかけてくれたりするのですが、私は相手の目を見てもすぐにそらしてしまい、一言だけ返して終わらせてしまうため会話のチャンスを自ら逃してしまいます。


ラインやメールがきたとき、すぐに返信ができる状況であっても、本当は早く返信したいけれど少し時間を置いてから返したり、絵文字や顔文字などをあまりつけずにそっけない返信をしてしまうことがあります。


友達と会話をしてる時に、自分の好きな人の話題が出ると、その人の嫌いなところや悪口などを言ってしまうことなどもあります。


気持ちの真逆な態度をとってしまいます。


私は好きな人に対して素直に話しかけたりすることができず、真逆の態度を取ってしまいます。


他の人にはたわいもない話をして楽しい会話ができるのですが、気になる人の前では口数が減り挨拶も素っ気なくなってしまいますし笑顔もぎこちなくなります。


緊張してしまい変に意識しすぎてしまうので、姿を見かけるとどうしていいのかわからなくなり、話しかけることもできないのでその場を避けるようにいつも立ち去ってしまいます。


飲み会で同じテーブルで目の前の席になった時、せっかくたくさん話すチャンスにも関わらず隣や斜め向かいの人にしか話しかけることができませんでした。


私の話に相槌を打ってくれて視線を横目で感じるのですが、恥ずかしくて目を見ることはまったくできないです。


私があまりにそっけない態度をとるので、本人も避けられているのかと思ってしまい気まずくなってしまったほどです。


周りにいる友人たちがみていても、客観的に見てあまりに態度が冷たいので注意されました。


いかがでしょうか?アンケートの結果から、女性が好き避けをするときは、好きな人に気持ちがバレてしまうのが恥ずかしい、だから避けたり気持ちと違う態度をとってしまうという意見が多かったですね。


是非ご参考にして頂けたら幸いです!


目次にもどる


■スポンサーリンク



■関連ページ紹介
※クリックすると新しいウィンドウが開きます。

男の恋愛駆け引きテクニックとは?

女性の気がある仕草(サイン)とは?

その女性はこう落とせ!見た目でわかる落とし方

メール、LINEで脈あり女性の見分け方

目線で分かる女性の脈ありなし!

女性の嘘を見抜く!

女性が付き合う男性の決め手とは?

付き合う前の女性と手をつなぐ!脈あり?

都合のいい人?男の本当の優しさとは?

恋愛の押し引き!女性をこちらに振り向かせる方法!

奥手な女性を落とす方法!

クールな女性を落とす方法!

男勝りな女性を落とす方法

後輩(女)にアプローチする方法!

先輩(女性)にアプローチする方法!

同い年女性との恋愛アプローチ方法!

女性から見た好感のもてる「男らしさ」のポイント!

女性が髪の毛を触るパターンと心理

女性が男性を好きになるタイミング(4つのきっかけ)

女性の脈ありチェックとは?

女性を楽しませるデートのコツ!

付き合う前の女性にプレゼントをするならこれ!

成功する確率の高い告白のやり方!

LINEで告白したい!成功するためのポイント!

付き合うまでの期間はどれくらいが理想的?

付き合う前にキスする女性の心理を知りたい!

女性の恋愛の悩みと、相談された時にアドバイスすべきポイント!

女性の恋愛観とは?男性との違いを知って良い関係を作る!

嫉妬深い彼女と上手く付き合うには?愛情を示そう!

女性の好意を会話の内容で見抜く方法!

女性へ電話で告白する場合に成功するためのポイント!

3.「嫌い避け」している女性の心理・行動・態度


まず、「嫌い避け」をしている女性の心理・行動・態度について詳しく見ていきましょう。


3.1 冷たい態度をとった後にフォローがない


好き避けの場合にも、さらに嫌い避けの場合にも、冷たい態度をLineやメールで取ることが多いです。


違いとして嫌い避けの場合には、フォローは一切ないことが多いですし、その後の連絡も全くないことが多いです。


そもそも嫌いな男性の場合には、フォローをする必要がありませんし、面倒なのでまぁいいや…と済ませてしまうことがほとんどであるといえるでしょう。


また、ここで連絡がないからと、男性の方から返信の督促フォローや質問の連絡をすると、一層事態は深刻な状況(しつこい人)になってしまうので気を付けてください。


3.2 目が合った瞬間の視線が冷たい、そもそも目を合わせない


嫌い避けの場合、目が合った瞬間の視線の動きの違いで分かります。


視線が合っても冷たくそらしたり、冷たい目で男性の方を見たりします。


そのまま視線が合ったままゆっくりとそらしたり、なんの反応もしなかったりします。


もっとも、そもそも全く目を合わせない。


特に仕事で話している時など、目を合わさずに会話をするケースも多いです。


意識的に合わせようとしないことが多いため、目も話も全く合わせようとしないことが多々あります。


こういった場合は、嫌い避けの可能性が強く、注意する必要があります。


3.3 飲み会での席では絶対に近くに座らない


嫌い避けの場合、そもそも隣に座ることはありませんし、遠くの席に座ることが多いです。


近寄りたくないので、もちろん遠くの席に座りますし、目線すら合わせようとしません。


嫌い避けですので、遠くの席や離れた場所を自然に選び、隣に来ることもない…ということがほとんどです。


3.4 何もなかったような態度を取る


嫌い避けの場合、そもそもなかったことにしようとする傾向があり、話に入ってきたりもしませんし、興味がないそぶりをしていることが多いです。

また、女性と他の人との会話の中にも嫌いなタイプは話題に出ず、名前を出しません。


職場で関わる機会があった場合は、頼み事をしようとしても、極端に嫌な態度を取られるなど表情に出るため、相手が嫌いだな〜という印象は自然と伝わります。


会話をしていても、真剣に話しを聞くわけでもなく、そっけない態度や返事へ返されることが多いです。


その上、職場では百歩譲って事務的な対応をしますが、プライベートまで関わりたくないと思っているため、ばったり道であったり、職場に到着しても挨拶もしないため、これは嫌い避けしていることがハッキリと分かるようになります。


目次にもどる


■スポンサーリンク






4.「嫌い避け」している女性に対処・アプローチすべきポイント


上記から嫌い避けされている...と思われる場合、その女性に対してどのような対処が必要なのでしょうか。


具体的な対処法などを、詳しく見ていきましょう。


4.1 いったん距離を置いてみる


嫌い避けをしているという女性には、何か理由があって嫌い避けをしていることが多いです。


こんな時に、男性の方からぐいぐいといってしまえば、さらに嫌われてしまい、避けられてしまうと言う悪循環に陥ってしまうといえるでしょう。


関連ページ:恋愛の押しが強すぎて失敗する理由!

このため、嫌い避けをされているのであれば、いったん距離を置いてみるというのが得策であるといえます。


この場合に、ぐいぐいいったり、迫ってみると、さらに逃げられてしまう可能性がありますので、ここは一つ冷静に対処をしてみることが必要です。


もしも、今まで親切に接してくれていたのであれば、それは友達や同僚として接してくれていたというだけで、男性からの好きという気持ちを知ったのがきっかけであれば、友達以上に見ることが出来ないということになります。


このため、それ以上アピールをしても、余計に嫌われてしまうことになります。


まずは、いったん距離を置き友達として仲良くなることが必要であるといえるでしょう。


4.2 避ける理由を話し合ってみる


もしも、避けられることによって、仕事や他のことに対して不都合が生じてしまう場合には態度を改めて貰えるように話し合ってみるというのも一つの方法です。


このような場合には、いったん彼女と話し合う必要性もあるといえるでしょう。


しかし、幻滅した理由や避ける理由を聞いたとしても教えて貰えないという可能性もあります。


それは、なぜなら改善できないという場合や、生理的に無理だということが原因である可能性も高いです。


その場合には、いくら努力しても無駄なことが多いですので、相性が合わなかったのだ、縁がなかったのだと思い、諦めるようにしましょう。。。


本当につらいと思いますが、特に相手女性にとって生理的にダメな場合は、なんとも困難な状況です。。。


4.3 こちらも当たり障りなく接する


嫌い避けをしている女性は、あなたのことを理由があって避けていることが多いですので、こういったときにこちらもぐいぐいと迫ってしまったり、話し合いをしようといっても、余計に嫌われてしまったり、逃げられてしまう可能性が高いです。


さらに、嫌い避けをしている女性も、一時的に感情的になっているというだけで、少し時間を置くことで、また冷静になって普通に接してくれる可能性もあります。


このため、こちらも当たり障りなく対応をするということが大切です。


当たり障りなくいつも通りの対応をしているだけで、相手の女性も時間が経てば、冷静になり、そしてまた友達に戻れる可能性もありますので、長い目で見てみるように心がけましょう。


4.4 周囲の人に理由を聞いてみる


嫌い避けをしている女性に対してなかなか理由に関しては本人に聞けないことが多いです。


その場合には、共通の友人がいるという場合には、さりげなく理由を聞いてみることにしましょう。


避けられている気がするだとか、態度が冷たい感じがするだとか、そういったことを伝えて相談してみると、その理由について共通の友人なら教えてくれる可能性があります。


また、相談に乗って貰える可能性もありますので、共通の友人や知り合いがいる場合には、それとなく理由などを聞いてみて、対処法を考えて見るのも一つの方法であるといえるでしょう。


目次にもどる


■スポンサーリンク





番外編「嫌い避けしているなと思うときの行動は?」、実際に女性に聞いてみました!


女性が嫌い避けをしているときってどんな行動をするのか、実際に女性にアンケートを実施した結果を紹介したいと思います。


嫌いな男性に対してはさりげなく距離をおいて話すときも無表情にしてます。


嫌いな男性が同じ部署だったりすると本当に苦痛です。


デスクが近い場合の行動としては、やはり極力目を合わせない、もし仕事上のことで話をする必要がある時でも目をみないで要件だけを完結に述べるようにする。


もしオフィスの廊下ですれ違う時には、やはり視線はあくまでも下をみて、そのまま軽く会釈をするぐらいにして足早に通り過ぎることもあります。


あまり露骨に避けていることを相手に知らせることは却って良くないので、あくまでもさりげなく嫌い避けしている行動を行うことがポイントです。


もし会社関連の男性ではないなら、そこまで気を使わずに堂々と無視するなど避けても良いと思います。


ただ相手によっては変に勘違い男で逆上してくることもあるので、基本は目を合わせずにサッと足早に去ることが一番です。


相手が出没しそうなところには、敢えて行かない、そしてとにかく避けている男性には下手に笑顔を見せずに無表情を貫き通すことがポイントかと思います。


嫌い避けしている時は、会話があっても話を盛り上げない、感情を入れない会話をします。


なるべく同じ空気を吸いたくないので、一緒の空間にいることを避けてしまいます。


お昼が一緒になった場合も外にでますし、飲み会の際もあの人がいるなら遠くに…としてしまいます。


あとは会話が抑揚がなくなります。


なるべく盛り上がらないように自然にしているのかもしれません。


その人が食いついそうな話題も避けてしまいます。


他の人と喋っていてもその人が近づいたら違う話題にしてしまったりします。


目もなるべく合わせないようにします。


下を向いたり目線はその人の横を追っていたりします。


目が合って興味があると思われたくないからです。


あとは息も止めてしまいます。


臭いがというのもあるのですが、なんとなく同じ空気を吸いたくないなぁと思ってしまうからです。


2人になるのも避けます。


他の人からみて仲良しにみられるのがとても嫌だからだと思います。


他人から見られてなにかを思われるのは面倒ですし、ましてや嫌いな相手なので、そうしてしまいます。


距離を置きますが、勘違いされる方には仕事に支障をきたさないレベルでハッキリ伝えます。


一番難しいのは、生理的に嫌悪感を抱いてしまう場合で、不潔だとか無愛想だとかブサイクだとか、そういう見た目では判断ではありません。


目を見て挨拶し、多少なりとも仕事上の会話をしてみて、その方の人となりを知らなくても、相当な勘違いをして自信満々で上から目線で話しをされるともう2回目からは目を見るのが嫌になるので仕事上最低限の挨拶と会話しか、しなくなってしまいます。


会話が必要な場合は最初に1度目を見るくらいで、挨拶だけの場合は目は見ません。


理由は、思っている事が目や表情に凄く出てしまうタイプなので、睨んだ目をしてしまったり、死んだ魚の様な目で見てしまうからです。


大抵、そういう勘違いされている方に悪意はなく、それが俺だくらいに自信をお持ちなので、悪意がない以上、こちらは何もされていない訳なので、社会人として失礼がないよう、最低限の対応はしなければならないと思っています。


こちらが笑顔を見せず、能面の様な顔で対応しているので、だいたいの場合、何となく好かれてはいないと気づいてもらえますが、厄介なのは、空気も読めない、むしろ意識して好かれていると更に勘違いするタイプです。


もうそうなってくると私一人の手には負えない為、仕事中の会話でハッキリ言います。


ハッキリと言うのも、もちろん社会人として業務に支障をきたす喧嘩になる様な言葉は使いません。


あくまで冷静に、考え方にかなり違いがあるので意見が合いませんね、とかこういう事は控えて下さい等、なるべく周りに職場の人がいる前で言います。


と言うのは、誰もいない所で言うよりも、第三者が聞いている状況で伝えた方が、理解してもらえるようで、これまで最悪その方法を取って何とか勘違いを止めてもらえて来たからです。


嫌い避けは物理的、心理的に相手との距離をとってます。


基本的に私は嫌いな人を作らないタイプというか、平和に過ごしたいタイプなので、嫌いな人ができても下手な攻撃はしません。


基本的にはどんな人でも愛想よく振舞います。


しかし、過去にとても生理的に受け付けない人ができてしまい、その人とは友達でしたので、その人は本当に空気の読めない部分があり、2人きりで話すとその無意識な失礼な言葉の連発に本当に頭にきてしまうことがあったので他の友達も含めて話すようにする、無意識に近づいてきたらあたかも忙しいように振舞ってしまい、話しを早く切り上げるように仕向けるor用事があるから、と自分から話を切り上げてさる。


既読無視を連発する。


さらには、なるべくは距離をとるようにする(物理的にも心理的にも)がありました。


以上が私の嫌い避け行動です。


私の友達の例であげると、やはりみなさん物理的に距離をおくようにしている方が多いので物理的距離と心理的距離は比例するのではないかと思います。


普段や仕事上できる限り関わらないようにしてますが、どうしても連絡が必要な場合は必要最低限の話しかしません。


第一印象から嫌いな人のうち関わる必要のない人は始めから顔すら見ませんし、エレベーターなどに一緒に乗ることがあっても近くに立ちません。


仕事などで関わらざるを得ない相手の場合は、表面上は笑顔で対応しますし普通に会話もします。


誘われれば複数人での飲みなら行き会話も合わせますが、嫌いなのでできるだけ隣の席、次いで正面の席を避けます。


大人数の時は会話しなくていい範囲の席に逃げてしまいます。


飲みの2次会に誘われないよう1次会が終わったら話しかけられないところで待機するかしれっと帰ります。


私に好意があって嫌いな人に対しては少々露骨に態度に出てしまい、目を合わせず話しかけないで欲しいオーラをどこでも出してしまいます。


嫌いな人の話には笑顔で聞くことができなくなりますし、その人がいる休憩室なども避けて出入りしません。


学校や会社の朝や帰りの時間も帰り道で一緒にならないよう敢えて時間をずらします。


電話には出ず、メールやラインなども最低限の内容でしか返信できません。


嫌いな人と話をしたくないときは、スマホを使って理由をつくってます。


嫌いな人って少し遠くにいてもなんとなくいることがわかりませんか?


「げ、あの人がいる」と。


そういう時に限って丁度すれ違うんですよね。


私はその場合、近くのポスターを見ながら歩くふりをしたりスマホを弄るふりをして、いかにも「あなたのこと気付いていませんよ」という雰囲気を出します。


そのおかげか、嫌いな人とすれ違っても挨拶どころか目を合わすこともありません。


スマホってそういう部分でも便利ですよね。


さっと出してぱっと電源を点けるだけで、嫌いな人とのコミュニケーションを絶つことができます。


しかし、それでも挨拶をしてくる人いますよね。


そういう場合は耳にあてて電話をしているふりをします。


電話をしていたら、さすがに邪魔はしないよう声をかけないと思います。


丁度すれ違う時、「あ、もしもし?今駅前にいるんだけどさ」とか適当なことを言えば大丈夫です。すれ違うのも一瞬なので、会話の内容を考える必要もありません。


適当に話していれば、相手との距離も遠ざかります。


私は嫌いな人を見かけたら、とりあえずスマホを出しちゃいますね。


休憩時間には2人きりにならないよう、行きたくなくてもトイレにいったりしてます。


自分が男性に対して嫌い避けしている時は職場の場合ですと近くを通る時は体が無意識に避けてしまったり休憩時間はなるべく2人きりにならないように行きたくなくてもトイレに行ったりします。


必要最低限の会話で報告、連絡、相談のみで、世間話やましてや自分の話などは一切しませんでした。


友達だったけど相手の好意がみられて徐々に嫌悪感が増してしまった場合は目をなるべく合わさないようにしたり、となりに立たないようにしたり、連絡も必要事項のみで無駄だと思う会話はなるべくせず、冷たい態度をとるようになっていました。


友達の場合ですとほかの友達に怪しまれるので、なるべく自然にフェードアウトするようにしましたが、やはりバレてしまうので女友達に相談して嫌いになってしまった男性と距離をとるようにしました。


正直自分がされると嫌ですが誰しも合う、合わないがあるので自分の身を守るためにも必要な処置だと思います。


嫌いになってしまった男性には、頭で考える以上に体が勝手に拒否してしまいます。


特定の男性に対して苦手意識や嫌悪感を一度でも感じてしまうと、頭で考えるより先に体が勝手にすべての接触を拒否してしまいます。


始めのうちは愛想笑いや挨拶など、仕事のうちだと思えばなんとかできるのですが、ある一定のラインを超えた瞬間にそれらも苦痛でたまらなくなってしまうのでなるべく鉢合わせや顔を合わせることを避けます。


顔や声を聞いただけでストレスになってしまうので、できるだけ遠ざかって関わりがないように気を配るのです。


社内であれば、通路の向こう側から相手の声が聞こえてきたら、よほど緊急な仕事でない限りは引き換えして間をおきます。


向こうの声が遠くなってから時間差で通るようにすることで、接触しなくていいからです。


休憩場所に先に相手がいれば近づかないのですが、後から来られる場合は相手に気づかれない程度にごく自然に場所を打つようにしたりと気苦労が耐えません。


仕事後の飲み会などもできるだけ断るようになりましたが、どうしても参加しなければならない時は席をなるべく離して参加しています。


嫌い避けしている時は、嫌いな相手と話をするタイミングがないようにしてます。


嫌い避けしている時の行動は、とにかく嫌いな相手がいたら絶対に目を合わせず下を向いたままその場を足早に立ち去るようにするのがベストな行動です。


相手と目を少しでも合わせてしまうとそこで、挨拶をしたりなんらかの会話をしなければ気まずくなってしまうので、もう、相手が空気だとしか思えないようにするためにも目を合わせないのが一番なのです。


また、遠目に嫌いな相手が視野に入った場合は、すかさず方向転換をするのが良いです。


そのまますれ違う状態を極力避けるためにも、少々面倒でも左に曲がるなり右に曲がるなどしてカチ合わせの可能性を無くすようにするのが理由です。


もう一つは、グループで食事をしたり飲み会している時に、嫌いな相手がその中に入っていたら、避けようがあります。


そんな時には例えば居酒屋なら最初に座る場所を決める時に、なるべく一番遠い場所を選んで座るようにします。


これだけでも会話を持つ機会もなくなりますから随分気が楽になります。


嫌いな男性に対しては目を合わせない、話の内容もプライベートなことは絶対話しません。


苦手、嫌いな男性には目を合わせることを避けます。


相手が何か話しかけてきても本当に当たり障りのない社交辞令みたいな言葉しか言わないです。


趣味とかを聞かれても本当の大好きな趣味は話しません。


音楽ですとか、ありがちなものを答えます。


あとは秘密主義になります。


自分の事をあまり知られたくないとゆう気持ちが強くなり頭の中で意識してしまいます。


嫌いな男性の前では、いつもより、どっしり構えた感じにもなります。


あとは同調をしたりして少しでも上部だけの会話や空間で終わらせようとします。


また相手が嫌みを言ってきたりしたら周りには分からないように目つきを流し目にしたりしてイライラを表します。


なるべく近くにいたくないので、あれこれ離れられるように移動をしたりします。


嫌いな男性の前では自分が男になっているような感覚になります。


性的に見られたくないとゆう部分も強くなるので自分をしっかりと維持します。


あとは、どうしても言いたい意見がある場合には、しっかり的をつくように言います。



いかがでしょうか。女性が嫌い避けをしている際には、相手との話をするタイミングがないように様々対策をされているようです。


女性へのアプローチの上で、是非ご参考にして頂けたら幸いです。


目次にもどる



■スポンサーリンク





■関連ページ紹介
※クリックすると新しいウィンドウが開きます。

女性の気がある仕草(サイン)とは?

メール、LINEで脈あり女性の見分け方

目線で分かる女性の脈ありなし!

女性の嘘を見抜く!

女性が付き合う男性の決め手とは?

付き合う前の女性と手をつなぐ!脈あり?

女性が髪の毛を触るパターンと心理

女性が男性を好きになるタイミング(4つのきっかけ)

女性の脈ありチェックとは?

付き合う前にキスする女性の心理を知りたい!

女性の恋愛観とは?男性との違いを知って良い関係を作る!

女性の好意を会話の内容で見抜く方法!

男の恋愛駆け引きテクニックとは?

女性からの好感度を上げる方法!

「マメな男性」と「しつこい男性」の違いとは?

友達or恋人候補の境界線とは?

女性が求める彼氏の理想像

信用できる男になるには?

付き合う前に「重い男」と認識されないために気を付けるポイント!

付き合う前に「軽い男」と認識されないために気を付けるポイント!

女性が恋愛で冷めるポイントと、気をつけるべき点

女性が喜ぶ言葉とは?


今まで女性の好き避け、嫌い避けの心理・特徴と対応すべきポイントを書きましたが、なぜ男性が避けられている理由がわからないのか、補足として、男女の好き避けを視点とした違いについても書きたいと思います。



5.男性、女性の「好き避け」の心理・行動・態度の違いについて


好き避けという行動は、女性の方が多いといわれていますが、実は男性でも好き避けをする方はいます。


この好き避けという行動に関してですが、男性と女性では特に行動において違いがあります。


そこで、好き避けの男女の行動の違いはどういった点があるのでしょうか。


具体的にその行動について詳しく見ていきましょう。


5.1 男性の好き避けについて


男性の好き避けは女性の好き避けとは少し異なります。


男性で好き避けをする方は、心理的に実はプライドが高かったり、シャイな男性が多く、少々面倒な男性が多いと言えます。


さらに、心配事があったり、不安に感じていることが多いため、好き避けをしてしまう傾向にあります。


プライドの高さが影響をしていることが多いので、男性の場合には、性格で好き避けをするしないが変わってくるといえます。


5.2 女性の好き避けについて


好き避けをしてしまうのは、男性よりも実は女性の方に多いといわれています。


心理的に緊張、不安などが隠されていることが多く、プライドが高い男性に対して、女性の場合には、緊張や自信のなさ、不安から来ていることが多いのです。


好きになれば色んな感情が芽生えてしまい、慎重になりがちですが、女性の場合には、このように慎重になってしまい、好き避けをしてしまう傾向にあります。


5.3 具体的な行動の違いとは?


男性と女性では、このように、好き避けをしてしまう心理に多少違いがありますが、その行動にも違いがあるといえます。


まず、男性が好き避けを行う場合、好き避けをしてしても、相手を目線で追ってしまったり、男性は、視覚情報を頼りにするという面がありますので、好き避けをしていても、相手の女性を目で追っていたり、視線を送る回数が自然と増えてしまいます。


従って、好き避けかどうか判断する場合、男性の場合には、視線が送られてくる回数や見られている視線で判断をすることが出来るといえるでしょう。


一方で、女性の場合には、男性ほど視覚情報を頼りにしませんので、好きな人を直視することが出来ないというケースが多いです。


これが上記でも説明しました女性が好き避けなのか、嫌い避けなのかわかりにくい部分です。


女性の場合、好きな人であっても視線を送ることがなく直視できなかったり、相手を見ることが出来なくなりますし、逆に嫌いな男性ほど、普通に見えることが出来たり、冷たい目線でも目を合わすことが出来たりします。


女性の場合には、見つめられることが恋愛に直結するとは限りませんので、このあたりに好き避けでも男女に違いがあるといえます。


※関連ページ:目線で分かる女性の脈ありなし!


目次にもどる

6.男性、女性の「嫌い避け」の心理・行動・態度の違いについて


嫌い避けの行動については、男女によっても異なるとされています。


そこで、こちらの嫌い避けについてですが、男女の違いにはどういった行動の違いがあるのでしょうか。


詳しくその違いについて見ていきましょう。


6.1 はっきりと態度に出す女性と、曖昧な態度の男性


まず、女性の嫌い避けの場合には、はっきりと態度に出すことが多いといえるでしょう。


はっきりと拒絶の態度を取ることが多く、無視をしたり、冷たい態度を取る、また二人きりを避けるなど、拒絶の姿勢がはっきりとしていてわかりやすくなります。


また目線が合わないことも多いといえるでしょう。


しかし、これにたいして、男性の嫌い避けは曖昧であるといえるでしょう。


男性の場合、嫌い避けであったとしても、はっきりとした拒絶の態度を取ることはありません。


また、曖昧な姿勢であったり、はっきりしない態度を取ることも珍しくありません。


なぜ、男女でこのような差が生まれるのかというと、男性は、とりあえず自分に気がある女性はキープしておきたいという心理が働くことが多いようです。


今は、好きではないけれど、あわよくばという気持ちが働くため、はっきりとした拒絶をすることはないというのが一般的な男性心理のようです。


このため、好き避けにこのような違いが現れるのです。


6.2 女性は気を引く態度はとらない、男性は八方美人


また、女性の場合、嫌い避けの場合、徹底して拒否の姿勢を取りますので、相手の男性の気を引くような態度は取りませんし、もちろん二人きりにもならないことが多いです。


しかし、男性の場合には、嫌い避けの場合でも、女性にとって八方美人な態度を取りがちです。


たとえば、冷たい態度を取ることは避けたり、他の女性と同じように、当たり障りのない態度を取ることが多くなります。


このため、女性にとっては戸惑ってしまうことが多いといえるでしょう。


二人きりになることを避けたり、連絡を自分からしないということはありますが、あくまでも態度は普通であることが多いので、このあたりで男性と女性には大きな違いがあるといえるでしょう。


目次にもどる

まとめ


いかがでしたでしょうか?女性は、自分から積極的にアプローチするケースは少なく、逆に避けるケースも多いため、相手の態度を日頃からチェックしておくことで、好き避けや嫌い避けをしているのか、把握できるようになります。


※把握のチェックポイントとして、特に目が合ったときや、飲み会の席の選び方などで、顕著に好き or 嫌い避けが分かります。この違いを把握しておき、嫌い避けをされているのにしつこくしたりしない、好き避けされているのに折角のチャンスを諦めて逃さないように心がけることが必要です。


きちんと理解することで、きっと女性との距離も大きく変わってきますし、アピールが上手にできるので日々の生活も楽しくなり、女性への対応もスムーズにできるようになります!


また最後に、好き避け、嫌い避けへの対応については感情的にならず、どちらも平常心を保って冷静に対応することが、とても重要です!また、相手の女性ことを第1に考えた行動を取ることが、良い結果をもたらすのではないでしょうか。


最後までお読み頂きありがとうございました!


目次にもどる

■関連ページ紹介
※クリックすると新しいウィンドウが開きます。

女の子とのライン(LINE)で盛り上がる話題とは?

女性とライン(LINE)を毎日継続するためのポイントとは!?

好きな人が出来ない男性は自分に原因があるのか?

恋敵に勝つためのテクニックとやってはいけないこと!

女性とデートで食事をする際に気をつけるべきこと!

女性を傷つける言葉と気をつけるためのポイント!

お腹を引き締める短期かつ効果的なダイエットとは?

女性から相談されるのは脈ありなのか?

恋愛運を上げるには何をすればよいか?(男性)

恋愛に対する不安の原因と解消方法!

女性に嫌われてしまう男性のタイプと行動とは?

女性が一人暮らし男性の家に来るのは脈ありなのか?

思わせぶりな女性の見抜き方7つ

逆身長差カップルのメリット・デメリットとは?

意中の女性が胸キュンする言葉(セリフ)!

彼女と同棲する前に考えたいメリット・デメリット!

成功するナンパのやり方&テクニック

女性から見た包容力のある男性の特徴と条件!

言い方が大切、女性に断られないデートの誘い方

女性から見た友達以上恋人未満のボーダーと対策と方法

女性から間接キス!これって脈あり?

2018.12.18作成
2018.06.13追記
2018.06.17追記

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAKASHI

Author:TAKASHI
「男の恋と美容の悩み」について、経験と調査した情報をもとにブログを書いてます。宜しくお願いします!
※また当ブログは、リンクフリーです。宜しくお願いします!

カテゴリ別記事一覧