記事一覧

彼女と同棲するのにおすすめの間取りとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
彼女と同棲する際に重要なポイントの一つが、「家の間取り」です。



家というのは、多くの時間を過ごす場所ですから、たとえ彼女との相性がよくても、間取りに問題があると、うまく行かずに別れてしまうことにもなりかねません。



そうならないためには、同棲する前に、どんな間取りがよいか、ちゃんと話し合っておくことが大切です。



まず、常に一緒にいたいカップルの場合、「1DK」がおすすめです。



同棲の最大のメリットは、「家賃の負担を抑えられる」ということです。



1Kや1DKのように部屋数が少なければ、さらに家賃の負担を抑えられることになります。



状況によっては、利便性の高い都心部で暮らすことも可能です。



洋室が広めの物件を選べば、二人でいても窮屈に感じませんし、浴室とトイレが分かれている物件を選べば、「相手がお風呂に入っていたら、トイレに行くのを我慢しなくてはならない」などということもありません。



ただし、このような間取りの物件は、「二人暮らし不可」となっていることもあるので、事前の確認が不可欠です。



次に、生活時間が異なるカップルの場合、「2DK」がおすすめです。



例えば、学生と社会人では、それぞれ生活時間が異なるため、上記のような間取りだと、「自分が寝ている時に、相手が帰って来る」「夜中にゴソゴソされることがあるので、寝られない」などの問題が発生しがちです。



また、「一緒には暮らしたいが、一人になれる空間も欲しい」という人もいるでしょう。



そのような場合は、二つの部屋が独立している2DKがよいといえます。



お互いに自分の部屋を持ちながら、ダイニングキッチンでは一緒に食事を摂ることもできます。



いわば、ルームシェアに近い感覚です。



万一別れたとしても、友人などを誘ってルームシェアをすれば、「自分だけだと家賃を払うことができない」という事態を避けることもできます。



そして、「できるだけ一緒にはいたいが、自分の時間も確保したい」という場合は、「1LDK」がおすすめです。



これらは、上記二つのケースの中間といえる状態で、二人でいる時間を大切にしつつも、自分の帰りが遅くなった時などは、相手が寝ているのを邪魔したくないというようなケースです。



一見矛盾しているような条件ですが、1LDKであれば、リビングと居室に距離があるので、これらの問題点をクリアすることができます。



「食事を摂る」「テレビを見る」などの時は、二人でいることができますし、遅く帰って来て、リビングで一人食事を摂るといった場合でも、相手が寝ている所を邪魔することにはなりません。



ただし、難点として、1LDKの物件は少ないということがあります。



しかし、そこでおすすめしたいのが、「1LDKのような使い方ができる2DK」です。



例えば、「洋室が二つあり、そのうちの片方とダイニングキッチンが引き戸で分割されている」というような間取りです。



このような間取りであれば、洋室とダイニングキッチンの間にある引き戸を開放することで、二つの空間を一つのリビングとして使えるようになります。



就寝用の場所と、くつろぐための場所を分けることができます。



また、間取りの中で見落とすことが多いのが、「洗面室のチェック」です。



洗面室に脱衣スペースがあるかどうかということは、実は意外と重要です。



脱衣スペースがないと、お風呂に入る時と上がる時に、丸見えになってしまうからです。



ただし、中には気にならないという人もいます。



やはり、同棲というのは、生活スタイルが違う人同士が一緒に暮らすということなので、「どこまでなら、相手に見られてもいいのか」「どのくらい、自分の時間を確保したいのか」といったことについて、物件を決める前によく話し合っておくことが重要だといえます。



そして、物件を探す過程では、それぞれの生活スタイルや価値観などについて把握することができますから、彼女に対する理解を、より深めるチャンスともいえます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAKASHI

Author:TAKASHI
「男の恋と美容の悩み」について、経験と調査した情報をもとにブログを書いてます。宜しくお願いします!
※また当ブログは、リンクフリーです。宜しくお願いします!

カテゴリ別記事一覧